【まちや・まちなみ調査】津島まちや・まちなみ再発見プロジェクト第7回(2017.1.14)テーマ「出入口、土台」本日開催しました。

「津島まちや・まちなみを再発見するプロジェクト」(第7回)を本日(2017.1.14)開催しました。

東海地方に寒波が接近し、雪が降る中の開催となってしまいましたが、参加いただきました皆様、大変ありがとうございました!

天気の都合もあり、いろいろと歩き回るというよりは、一つの家をじっくりと見るといった形で今日は行われましたが、今まで何度も見ていた家でも、建具に注目してみることで今まで気づかなかった点に気づくことができました。

木の建具は今のアルミサッシと異なり、年月を経ることで風合いが出てくるように感じます。格子とともにまちなみの特徴になっているのではないでしょうか。

今後も当機構では、町家の建具にも注目していきたいと思います。

次回はできれば、もっといい天候の中で開催できますように(^^;)

2 comments

  1. この天気でも開催されたのですね。参加できなくて残念でしたが、次回は是非天気の良い日に開催されますように。

    • 原様、いつもお世話になっています。思ったよりも天候が悪かったので大変な中での開催になってしまいました。今回は休憩をはさみながら町を歩いたので、少し地元のお店も知っていただけたのかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*