【まちや・まちなみ調査】津島まちや・まちなみを再発見するプロジェクト第32回(2021.4.10)テーマ「古川(ふるかわ)のまちを再発見する」

~「津島まちや・まちなみを再発見するプロジェクト 第32回」~
今回のテーマは、「古川(ふるかわ)のまちを再発見する」です。
日時:4月10日(土)10時~12時00分(終了予定)
集合場所:津島市役所(立込町2丁目21番地)
もしくは9時40分に名鉄津島駅に集合でお願いします
参加費:500円(資料代)
テーマ:「古川(ふるかわ)のまちを再発見する」
内容:

津島市内のあまり紹介されていない集落を対象としてまちあるきを行う、津島まちや・まちなみを再発見するプロジェクトですが、今回は古川町を歩いてみます。
現在の古川町のある諸古村は、佐屋街道に隣接する集落地でしたが、大正14年にその一部が津島町へ合併されました。

宿場ではありませんが、宿場に馬や農産物を供給する集落として栄えたようです。

市街地に隣接していますが、集落の北側はいまだに狭い路が入り組んでおり、江戸時代からの集落の形が残っているのではないかと思います。

今回のまちあるきはそのような、古川町の謎の一端に触れる企画になればと思います。

なお、集落の内部は大変道路が狭いため自動車で来られる際には、ご注意ください。

また、屋外開催ではありますが新型コロナウイルスの影響も一部懸念されているため、参加される場合はマスク等の準備を各自お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*