【まちや・まちなみ調査】津島まちや・まちなみを再発見するプロジェクト第34回(2021.7.10)テーマ「莪原(ばいばら)のまちを再発見する」

~「津島まちや・まちなみを再発見するプロジェクト 第34回」~
今回のテーマは、「莪原(ばいばら)のまちを再発見する」です。
日時:7月10日(土)10時~12時00分(終了予定)
集合場所:莪原町憩いの家前(莪原町字東屋敷90番地1)
もしくは9時40分に名鉄津島駅に集合でお願いします
参加費:500円(資料代)
テーマ:「莪原(ばいばら)のまちを再発見する」
内容:

津島市内のあまり紹介されていない集落を対象としてまちあるきを行う、津島まちや・まちなみを再発見するプロジェクトですが、今回は莪原町を歩いてみます。
津島市の最東部に位置する莪原町は、現在でもかなり大きな集落ですが、江戸期にもかなり豊かな集落として知られていたようです。

集落内には長光寺、本行寺という二つの寺院がありますが、このことからも当時の人口の多さがしのばれます。

広い集落なので半日で歩くことができる範囲には限りがあると思われますが、莪原町の歴史の一部に触れることができる企画になればと思います。

なお、集落の内部は大変道路が狭いため自動車で来られる際には、ご注意ください。

また、屋外開催ではありますが新型コロナウイルスの感染防止のため緊急事態宣言下での開催となりますので、参加される場合はマスク等の準備を各自お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*